【感想】”TREASURE HUNT” STRONG STYLE x THE JIMMY JETS スプリットミニアルバム(2020.10.3)

2021-06-07

まだこの2バンドを知って日が浅いけれど、今しか書けないこともあると思う。
なので、今思ったことを記録に残しておきます。

ストロングスタイル ジミージェッツ スプリットミニアルバム2020
2020年10月3日リリースCD
スプリットミニアルバム

  1. 生キ尽クス
  2. シングルシリンダー
  3. CALL NO.69
  4. BORDER
  5. TREASURES~約束の街~

コロナ禍で始まったストロングスタイルTAGUCHIさんのインスタライブ配信。
アコギ片手にHIROKIさん(ジミージェッツVo)との遊びっぽい感じで歌うところを何度も見た。
そしてジミージェッツの曲でTAGUCHIさんのコーラスを聴いて。

ふたりの声の相性が、なんともバツグンすぎると思っていました。(仲も良さそうだ)

そして、この二人が曲作って歌ったら、きっとすごいことになる!!…..と

で、今回のスプリット。
ラスト5曲目は二人で歌ってます。
うわー!思ってたことが現実に。

STRONG STYLE

STRONG STYLE x THE JIMMY JETSスプリットミニアルバムは、兄弟作と言っても良いのではないだろうか。
SSが兄貴でJJが弟役。

最初の2曲はストロングスタイル。
どちらも兄らしい、ストロングスタイル節全開のカッコいい曲。
2曲とも詞・曲ともにボーカルのTAGUCHIさんが作っている。

THE JIMMY JETS

CALL NO.69

ジミージェッツの「BORDER」はすでにインスタライブ配信で聴いていたので、もう1曲はどんな感じなんだろう・・・と期待に胸ふくらませ。

。。。。?!ん?! おぉ~そうきたか….で、そうなってこうなるん?!うひゃー またまたすごいの作ってしまったねジミージェッツ。
この曲、今回のミニアルバムの中でもダントツの問題作ではないか・・?(良い意味で)

立ち位置的には勢いがあって「HOT ROD」的な感じだろうか..。

シンプルな曲調の中にもドラマティックな展開あり(ギターのキタさん作曲)
旬すぎるパワーワードともいえるCOVIT-19,ロックダウンをさらっといれてくるセンス(ボーカルのヒロキさん作詞)

これを5曲中、真ん中に持ってきたところがまた好(よ)い。

まとめ

曲を聴くだけでもうお腹いっぱいなのだけど、CD盤面やケースの写真などこだわりがいたるところに見られ、満足度の高い1枚かと。

今のところ、一部の店舗とライブ会場、ネットでは両バンドのHPからCDが購入できます。
バンドのことを知ってる人しか購入する機会がなさそうなのが、何とももったいない。

TREASURES~約束の街~MVインスタライブ配信(BORDERは43:33あたり)を見て気になった方は、ぜひこのミニアルバムを手に取ってみてください。

▼各バンドの紹介ページはこちら▼