『RAMBLING JET BLUES』JOE ALCOHOL

『RAMBLING JET BLUES』 JOE ALCOHOL
『RAMBLING JET BLUES』JOE ALCOHOL

1曲1曲が濃厚な曲たち。
一粒一粒大切に作られ箱詰めされたチョコレートのようなアルバムだ。
JOE ALCOHOL氏の成熟した今の音が聴けるのはとても幸せなことだと思う。

むずかしい音楽の知識なんて何もいらない。
感じるだけでいい。何も考えずに楽しもう。

JET BOYSのTEENAGE THUNDERというアルバムがある。
10代の頃に聴いて、これがパンクなんだ..とドキドキしたのを今でも覚えている。
このアルバムとの出会いがなければ、今こうしてJOE ALCOHOL氏の最新アルバムを聴くこともなかっただろう。

JOE氏の歌の才能を開花させたといっても過言ではないオノチン氏は、日本のパンクロック界の神様なのではないかと思う..(笑)

音楽を聴くだけで、時を超え瞬時に過去と現在を行ったり来たり・・タイムトラベルできてしまうのだ。

過去は未来の今には届かないけど、いまは過去に戻ることさえできてしまうのだから、歳をとるのも悪くない。

Tシャツのロゴフォントカラー、着てみるとパキっとした感じでスタイリッシュ。好きなデザイン。長袖シャツやジャケットとも合わせられるから、Tシャツって実は万能アイテム。

以下公式ショップより

ついに発売!
JOE ALCOHOL / RAMBLING JET BLUES

ジョーアルコールがこの秋、自主レーベル設立10周年を記念し
レーベル10枚目、ソロとしては通算6枚目のアルバムを発売

今回は、スペシャルゲストとしてGUITAR WOLFのTORU(ドラム)、YOUNG PARISIANやSTRANGE MOONで活動中のKEIJI RONSON(ギター&レコーディングエンジニア)そしてMAGNATONES、JAGATARA2020などでも活躍しているKOKORO(サックス)を迎え、ジョーアルコール節が炸裂したパンク、ガレージ、ブルース、ポップス、ロックが混在するカラフルなロックンロールアルバムとなりました。

Track3ではDEE DEE RAMONEやSTIV BATORSなどでお馴染みの"POISON HEART"をカバー。そしてTrack8ではお馴染みのJOHNNY THUNDERSのナンバーをローリングストーンズ・オマージュでカバー収録。

CDブックレットは豪華12P、ジャケット、インナーの写真はツネグラムサム氏(YOUNG PARISIAN)が撮影、歌詞カード付です。

『RAMBLING JET BLUES』JOE ALCOHOL
レーベル:THIR"13″TEEN RECORDS(サーティーンレコーズ)
2021/10/13(水)リリース

収録曲 全8曲≪新録≫

  1. MIDNIGHT CALLED LOVE (ALCOHOL)
  2. GLORY DAYS (ALCOHOL)
  3. POISON HEART (D.RAY, DD RAMONE)
  4. GOLDENLITTLE BAR (ALCOHOL)
  5. RAMBLING JET BLUES (ALCOHOL)
  6. BLUE JEAN BOP (ALCOHOL)
  7. MEMPHIS (ALCOHOL)
  8. BORN TO LOSE (THUNDERS)

【取扱店】